ほとんどの不調は、実は”おなか”が関係している

“ストレス”というと、多くの方が精神的なことが原因と思われていることと思います。

ですが、現代は誰もが避けられないストレス源が、身の回りに無数にあります。

 

1,肉体的(筋骨)なストレス

運動不足、悪い姿勢と浅い呼吸、パソコンやスマホの使いすぎなど。

2,頭と心のストレス

考えすぎ、心配しすぎ、こだわりすぎ、怒り、悲しみ、不安、後悔、絶望などの感情の抑圧からくる負担。

3,おなか(内臓)のストレス

油脂の多いアンバランスな食事、食べ過ぎ、アルコールやカフェインのとりすぎ、冷たいものや甘いもの、濃い味のもの、辛すぎるもののとりすぎ、農薬、添加物、遺伝子組み換え食品 など。

4,その他の外的なストレス

汚染された空気、たばこ、乾燥、湿気、冷えなど。

 

どうでしょう?

ちょっとビックリですか?

でも現代では、こんなにも日常的にストレスで満ちあふれています。

「腹におさめる」

という日本語があるように、これらすべてのストレスを受け止めてくれるのが”おなか(内臓)” なのです

ですが、普段は意識さえしていないのが当たり前です。

だからこそ、ほとんどの方がおなかに問題を抱えたまま気づかずにいるのです。

 

おなかは、植物でいう『根っこ』と同じ

植物は、葉っぱがむしられても茎を折ったとしてもまた生えてきますが、根っこが腐ったり、大きなダメージがあると枯れてしまいます。

なぜなら、土台の安定を作り、栄養を吸収しているのが根っこだから。

では、人間にとっての根っことはどこかというと?

それが おなか なのです!

体の中心であり、栄養を消化、吸収してくれ、血を作り水分の調節をしてくれていますよね。

それに消化吸収を担う小腸の絨毛は、植物の根っこの集合体のようにも見えます。

それだけ大切な”おなか”ですが、ほとんどの方が状態があまり良くなく、かたかったり、むくんでいたり、滞っていたりしています。

どんなに栄養価の高い食べ物を食べても、高いサプリメントをとっても、その機能がほとんど発揮出来ていないと、上手く吸収されずに、とてももったいない事をしているということも…

だからこそ、おなかのケアをまずする!

実のところ、望診をしなくても、お腹をさわるだけでどこが不調なのかわかります。

いえ、言っちゃえばお腹を触らなくても、肩や腰をさわっただけで

「この方のコリ、お腹からきてるなぁ」

とわかります。

伺うと、100%に近い確率で、便秘やお腹のハリなどのなんらかの症状があるか、精神的なストレスが大きく、肝臓や胃腸に負担がいっている方ばかり。

皆さん、

「え!お腹が関係あるんですか!?」

と驚かれます。

 

そんな方はお腹を丁寧にケアすると、ものすごく体が軽くなります😊

実際に指が入らないくらい、コリかたまっていた肩こりをお持ちのお客様が、ゆらぎに通われて驚くほどコリが緩和され、さらにお腹もスッキリ引き締まって、知らず知らずにダイエットにもなった方は多いです。

おなかが柔軟になると、思考も柔軟になります。

腹が立つ、腹黒い、胸がつかえる、息がつまる、腹わたが煮えくり返る

これは、ネガティブなメンタル面の性質を内臓で表した言葉です。

逆に、

腹が決まる、腰が決まる、腑に落ちる、肝が太い、度胸がある、肝が据わる、心臓に毛が生える、ハートが強い、懐が太い、腹を割って話せる、腹の底から笑える

これらは、おなか(内臓)がしっかりしている人の特長を表す言葉ですね。

つまり、ブレない自分、幸せな自分になるには、おなかの調子が鍵になっている…という感じがしてきませんか?

おなかのケアで、ストレスケアも体質改善も、コリや歪みなど肉体的な緩和も叶うってすごいこと。

ゆらぎのケアで、”おなか”から幸せに満ちた本来のあなたになってみませんか✨